比較

RAV4とCX-8をサイズ・燃費・価格で比較!!

sinnzidai3@gmail.com

同じクロスカントリーSUVでありつつも、洗練されたスタイリッシュなデザインのCX-8と、無骨でタフなデザインのRAV4と、対照的なデザインの2台。

RAV4とCX-8、どちらもカーオブザイヤーを受賞するほど、幅広い層から愛されています。

さらにRAV4は、2022年の新車販売台数において24位と、2019年の発売から根強い人気を誇っています。

それに対して、CX-8は2018年と2019年の国内3列シートSUV市場で販売台数を2年連続1位を獲得しています。

どちらも販売から根強く人気を伸ばし続けているSUVですが、サイズや燃費、価格にどんな違いがあるのでしょうか。

  • RAV4とCX-8の燃費性能が知りたい・・・。
  • RAV4とCX-8の購入を迷っているけど、価格が気になる・・・。

同じSUVでも対照的なデザインだからこそ、購入の際に迷われる方も多いと思います。

デザインは対照的だけど、燃費性能や価格はどう違うのか気になりますよね。

今回は、RAV4のCX-8のサイズ・燃費・価格の違いを徹底比較してみました。

RAV4とCX-8、どちらがオススメ?

RAV4とCX-8は同じクロスカントリーSUVですが、デザインは対照的です。

都会的なデザインで洗練されたイメージCX-8アウトドアが似合う重厚感のあるRAV4

買うならどちらがオススメなのでしょうか?

結論はズバリ、

  • 大容量の荷室容量を兼ね備えた燃費性能の高い車に乗りたい人はRAV4
  • 大人数で出かける機会の多い人や、パワーのある車に乗りたい人はCX-8

と言えるでしょう。

これから、詳しいサイズや燃費、価格を比較しながら、なぜこのような人たちにオススメなのか、その理由を紹介していきます。

サイズ

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/

サイズを比較するにあたり、RAV4とCX-8の大きな違いは、乗車可能人数です。

RAV4は最大5人乗りですが、CX-8は最大7人乗りとなっています。

RAV4とCX-8の詳しいサイズを表にまとめてみました。

RAV4CX-8
全長(mm)4,6104,925
全幅(mm)1,8651,845
全高(mm)1,6901,730

6〜7人乗りということもあり、全体の大きさはCX-8の方が大きいと言えるでしょう。

ですが、RAV4の方が幅が広いのでアウトドアSUVらしい無骨なデザインが好きな方は、RAV4を選んでも良いかもしれません。

ラゲージスペース

RAV4のラゲージスペースは最大580Lと、かなりの大容量です。

CX-8は乗車可能人数が多いため、RAV4のように大容量というわけではありません。

ですが、3列目使用時でもA型ベビーカーが1台積めるほどのスペースがあり、街乗りをメインとするユーザーにとっては十分と言えるスペースを確保しています。

また、画像のように、最後列のシートを倒すと、大人4人分の乗車スペースを確保しつつも、より広い空間をラゲージスペースとして活用することができます。

引用元:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/feature/

とはいえRAV4に比べると、どうしてもゴルフやキャンプなど、アウトドアを楽しむには少し物足りないかもしれません。

アウトドアが趣味な方やラゲージスペースに荷物をたくさん積みたい方は、RAV4をオススメします。

反対に、オフロードドライブよりは街乗りがメインで、そこそこ荷物が積めればOKという方はCX-8が良いかもしれません。

燃費

RAV4とCX-8の燃費についてですが、RAV4はガソリン車とハイブリッド車を展開しています。

対してCX-8は、ガソリン車とディーゼル車を展開しており、ハイブリッド車の展開はありません。

WLTCモードJC08モード
RAV4
(ハイブリッド・Gグレード)
20.6km/h25km/h
CX-8
(SKYACTIVE-D 2.2)
15.4km/h17km/h
両車種とも4WDでの比較

比較してみると、燃費性能は圧倒的にRAV4の方が高いことが分かりました。

ですが、CX-8のディーゼル車、SKYACITVE-Dの燃費も悪い方では決してありません。

さらにディーゼル車は、総重量750kg以下のトレーラーなどを牽引することも出来るので、燃費よりもドライブのパワー重視の方にはCX-8はオススメかもしれません。

価格

燃費やサイズも気になるポイントではありますが、なんと言っても価格は一番気になるところですよね。

サイズや燃費に違いのあるRAV4とCX-8ですが、価格はどのように違うのでしょうか?

それぞれ、グレード毎の価格をまとめて比較してみました。

RAV4

RAV4の価格を、グレード毎に比較してみた結果がこちらになります。

価格
Xグレード
(ハイブリッド・2WD)
3,538,000円
Gグレード
(ハイブリッド・E-Four)
4,304,000円
Adventure
(ハイブリッド・E-Four)
4,303,000円
価格は全て税込価格

中間グレードのGグレードと、最上級グレードのAdventureを比べると、なんと最上級グレードの方が僅差で安価だという結果になりました。

ですがガソリン車で比べると、Adventureの価格はX・Gグレードと比べて最も高くなっています。

さらに、Advebtureは特別仕様車のオフロードパッケージ2のベース車となっています。

このことからAdventureは、より走破性にこだわった、走りを楽しみたい方のためのグレードとなっているため、ガソリン車では最も高く、ハイブリッド車では中間の価格設定となっているのではないでしょうか。

CX-8

続いて、CX-8の価格をグレード毎に比較してみました。

価格
XDグレード3,613,500円
XD Smart Edition3,613,500円
XD Black Tone Edition4,269,100円
全てディーゼル車・4WD 価格は全て税込価格

全てディーゼル車の4WDで価格を比較してみましたが、RAV4と比べると、一概にどちらが高いとは言えない結果となりました。

ベースグレードでは、RAV4の方がリーズナブルな価格設定となっていますが、中間グレードと最上級グレードはCX-8の方が安価な価格設定となっています。

大幅な価格差はないので、グレードによって装備されている機能などで選んでも問題はないでしょう。

まとめ

引用元:https://toyota.jp/rav4/gallery/?padid=from_rav4_grade-equipment_navi-menu_gallery
https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/model/grand-journey/

RAV4とCX-8の比較を行ってみましたが、いかがでしたか?

それぞれ燃費やサイズ、価格を比較してみた結果、どちらがオススメかというと、

  • 燃費が高く、ラゲージスペースが大きい方が良い人にはRAV4
  • 大人数で出かけたい方や、より走りを楽しみたい人にはCX-8

という結論になります。

今回紹介しきれなかったグレード毎の装備や機能も加味して、満足のいく1台を選んでください!

この記事が、車選びの参考になれば幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

車を簡単に高く売却する方法!!

今あなたは車の乗り換えを考えていると思いますが、車を乗り換える時に少しでも愛車を高く売ることで、グレードを落とすこともカスタムを断念する事もなくなります。

そのサービスが一括買い取り査定の楽天Carです。

他のサービスの一括査定でも10万アップなど一括査定をすることで不通にある話です。

しかし他の一括査定では、一度やった方もいるかもしれませんが、一括査定に登録をすると

  • 電話が鳴りやまない
  • 1社1社査定に行かないといけない
  • 休みの日に何社も査定に行くことに
  • 営業電話が苦手

一括査定に申し込むと申し込んで5分ぐらいで何社からも電話がかかってきて「査定させてください」と何社も査定の予約を取らないといけない。

これがかなり面倒なんですよね

楽天Carでは

  • 電話は1社のみ
  • 査定も1回のみ
  • オークション形式で5000社以上

楽天Carっでは電話は担当の1社のみで、査定も1回のみ。

買い取り業者が競い合ってくれオークション方式なので、高額で買い取ってくれます。

楽天Carの査定で下取りよりも高額で売れること間違いありません。

今すぐ無料で見積もりをしましょう。

納得いかなければキャンセルOK
\電話ラッシュなし・査定位階のみ/

/楽天ポイントももらえる\

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました