エクリプスクロス

エクリプスクロスガソリン車の1年間の維持費はどれくらい⁉

sinnzidai3@gmail.com
3つの理由で一括査定をやらないのは損!!

車を売る際に高く売れることで知られている一括査定。

高く売れるのは知っているが、実際に申し込むと

  • 何社からも電話がかかってくる
  • 査定を会社ごとにしないといけないので面倒
  • 複数社とやり取りが面倒

車一括査定サイトでのデメリットは上の二つです。

電話に関しては平均で11社からの電話がかかってくるという結果も(汗)

高くは売れるが、それまでの流れが面倒でやらないという方も多いでしょう。

この2つの理由でやらないのは損をしています。

楽天のオークション形式での一括査定は

  • 電話は1回のみ
  • 査定は一回のみ
  • やり取りも1のみ

電話と審査が1回のみで終わりです。

面倒な電話は一切なしで、オークション形式なので高額で買い取りができるサービスです。

実際に一括査定をして10~40万査定額が上がったという方が殆どです。

納得いかない場合はキャンセルもできます。

今すぐ無料で査定申し込みしてみませんか?

納得いかなければキャンセルOK
\電話ラッシュなし・査定1回のみ/

/楽天ポイントももらえる\

エクリプスクロスには、ガソリン車とphev車の二種類があります。

これらのモデルは、エクステリアはほぼ同じですが、パワートレインなどのユニット部分は大きく違います。

さらにエクリプスクロスガソリン車には、FFモデルと4WDモデルが存在します。

エクリプスクロスガソリン車は、1.5L4気筒DOHC16バルブICターボを搭載し、最高出力150psとなっています。

1.5Lモデルで150psならば、比較的ゆとりのパワーであると感じます

では、エクリプスクロスガソリン車の1年間での維持費は、どのくらいかかるものなのでしょうか?

ここでは、FFモデルと4WDモデルとの違いにも触れながら、同モデルの年間維持費を調査してみたいと思います。

合わせて読みたい
エクリプスクロスのガソリンとphevどっちがオススメ⁉
エクリプスクロスのガソリンとphevどっちがオススメ⁉

エクリプスクロスガソリン車の1年間の維持費

ここでは、エクリプスクロスガソリン車の1年間の維持費を算出してみたいと思います。

ランニングコスト① 自動車税

エクリプスクロスガソリン車の排気量は、1500㏄未満です。

排気量自動車税額
660cc以下10,800円
1000cc以下25,000円
1000cc〜1500cc30,500円
1500cc〜2000cc36,000円
2000cc〜2500cc43,500円
2500cc〜3000cc50,000円
3000cc〜3500cc57,000円
3500cc〜4000cc65,500円
4000cc〜4500cc75,500円
4500cc〜6000cc87,000円
6000ccより大きい110,000円

年間の自動車税は、30500円となります。

ランニングコスト② 燃料費

エクリプスクロスガソリン車の場合は、FFモデルと4WDモデルがあります。このシステムの違いにより、燃料費の差が出てくると考えます。

FFと4WDでの違い

FFモデルのWLTCモード燃費は、13.4㎞/Lです。

年間10000㎞の走行である場合は、約750Lの燃料を使用します。

750L×175円≒132000円となります。

4WDモデルのWLTCモード燃費は、12.4㎞/Lです。

年間10000㎞の走行である場合は、約810Lの燃料を使用します。

810L×175円≒142000円となります。

燃料費は、走行距離によっても変わりますが、年間10000㎞ほどの場合は、10000円ほど4WDの方が高くなるといえます。

ランニングコスト③ オイルやタイヤ代などの整備費

エクリプスクロスガソリン車のエンジンオイルは、4.3L(エレメント0.2Lこみ)使用されています。

一般的に市販されているエンジンオイルは、4l缶が多いと思います。

一缶では少しだけ足りなくなるので、注意が必要です。

オイルエレメントは、2000円前後となります。

ご自身で作業する場合は、オイルなどの油脂代が4000円前後かかり、二回に一回のオイルエレメント代が、2000円ほどかかると考えます。

年間1万キロ走行する人の場合では、最低年間二回は交換すると予想します。

4000円+4000円+1500円≒10000円ほどとなります。

一般的には、ディーラーやカー量販店などで交換する人が多いと思います。

某カー用品店では、エクリプスクロスphevのオイル交換が4100円、オイルエレメント込みの交換が5500円(一番安いオイル)でした。

年間にすると、10000円くらいかかると感じます。

自分で作業しても、お店などで作業しても費用負担がそんなに変わらないように感じます。

ランニングコスト④ 車検費用など

ここでは、車検費用に関して調査してみます。

初回継続車検時のおおよその車検費用を試算してみます。

FFモデルの場合は、乾燥重量が1480㎏と1.5トン未満となっています。

  • 自賠責保険料17650円
  • 重量税24600円
  • 検査手数料2300円
  • 24か月点検費用20000円
  • 整備その他費用10000円

約75000円です。年間に換算すると33000円ほどでしょう。

4WDモデルの場合は、乾燥重量が1550㎏です。2.0トン未満です。

  • 自賠責保険料17650円
  • 重量税32800円
  • 検査手数料2300円
  • 24か月点検費用20000円
  • 整備その他費用10000円

約83000円となっています。年間に換算すると40000円強だと考えます。

ランニングコスト⑤ 駐車場費用

駐車場代は、住んでいる地域によって30000円かかるという場合や、5000円という場合もあります。

全国平均としては、大体8000円くらいです。

年間100000円くらいでしょう。

ランニングコスト⑥ 任意保険

任意保険は、一番算出しづらいのものと考えます。

任意保険は、被保険者の年齢や事故歴などによって大きく掛け金が変わるものだからです。

一般的には、4万円前後から16万円前後までの幅があると考えます。

平均すると100000円ほどとなるでしょう。

エクリプスクロスガソリン車の1年間の維持費での違いは?

ここでは、おさらいとしてエクリプスクロスガソリン車の年間維持費の違いでのポイントを解説します。

FFと4WDで維持費が変わる

エクリプスクロスガソリン車には、FFモデルと4WDモデルがラインアップしています。

総じて4WDモデルの方が、年間維持費は高くなっていきます。

車両本体価格を一括現金かローンにしているかは大きな差に

エクリプスクロスガソリン車を現金一括で買ったのか、ローンを組んだのかによって年間維持費は大きく変わると考えます。

現金一括で購入した場合は、上記のような維持費だけを考えればよいのですが、ローン購入した場合は、ローン代金もしっかり維持費の中に組み込む必要があるからです。

エクリプスクロスガソリン車の1年間の維持費をまとめると

FFモデルの場合は、40万円強から50万円ほどの維持費がかかると考えます。

一方4WDモデルの場合では、42万円強から52万円強の維持費になるといえます。

車を簡単に高く売却する方法!!

今あなたは車の乗り換えを考えていると思いますが、車を乗り換える時に少しでも愛車を高く売ることで、グレードを落とすこともカスタムを断念する事もなくなります。

そのサービスが一括買い取り査定の楽天Carです。

他のサービスの一括査定でも10万アップなど一括査定をすることで不通にある話です。

しかし他の一括査定では、一度やった方もいるかもしれませんが、一括査定に登録をすると

  • 電話が鳴りやまない
  • 1社1社査定に行かないといけない
  • 休みの日に何社も査定に行くことに
  • 営業電話が苦手

一括査定に申し込むと申し込んで5分ぐらいで何社からも電話がかかってきて「査定させてください」と何社も査定の予約を取らないといけない。

これがかなり面倒なんですよね

楽天Carでは

  • 電話は1社のみ
  • 査定も1回のみ
  • オークション形式で5000社以上

楽天Carっでは電話は担当の1社のみで、査定も1回のみ。

買い取り業者が競い合ってくれオークション方式なので、高額で買い取ってくれます。

楽天Carの査定で下取りよりも高額で売れること間違いありません。

今すぐ無料で見積もりをしましょう。

納得いかなければキャンセルOK
\電話ラッシュなし・査定位階のみ/

/楽天ポイントももらえる\

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました