エクリプスクロス

エクリプスクロスのガソリンとphevどっちがオススメ⁉

sinnzidai3@gmail.com
3つの理由で一括査定をやらないのは損!!

車を売る際に高く売れることで知られている一括査定。

高く売れるのは知っているが、実際に申し込むと

  • 何社からも電話がかかってくる
  • 査定を会社ごとにしないといけないので面倒
  • 複数社とやり取りが面倒

車一括査定サイトでのデメリットは上の二つです。

電話に関しては平均で11社からの電話がかかってくるという結果も(汗)

高くは売れるが、それまでの流れが面倒でやらないという方も多いでしょう。

この2つの理由でやらないのは損をしています。

楽天のオークション形式での一括査定は

  • 電話は1回のみ
  • 査定は一回のみ
  • やり取りも1のみ

電話と審査が1回のみで終わりです。

面倒な電話は一切なしで、オークション形式なので高額で買い取りができるサービスです。

実際に一括査定をして10~40万査定額が上がったという方が殆どです。

納得いかない場合はキャンセルもできます。

今すぐ無料で査定申し込みしてみませんか?

納得いかなければキャンセルOK
\電話ラッシュなし・査定1回のみ/

/楽天ポイントももらえる\

エクリプスクロスには、ガソリン車とphev車の二つのパワートレインがあります。

このパワートレインの違いは、同じ名称のモデルでもかなりの違いであると感じます。

一方は、1.5Lのインタークーラーターボエンジンで、もう一方は、2.4Lエンジン+モーターでさらにEVのみの走行もできる使用だからです。

エクステリアや内装、そして基本骨格がほぼ同じエクリプスクロスは、パワートレインの違いから、ユーザーの嗜好や乗り方などによってオススメが変わると感じます。

そこで今回は、エクリプスクロスのガソリンとphevとでは、どっちがオススメなのかという視点でお話してみます。

オススメには、いろいろな理由があると考えます。

今回は、ユーザーの使い方やモデルの良し悪しなどでオススメを紹介してみます。

合わせて読みたい
エクリプスクロスガソリン車の1年間の維持費はどれくらい⁉
エクリプスクロスガソリン車の1年間の維持費はどれくらい⁉

エクリプスクロスガソリンの良し悪し

ここでは、エクリプスクロスのガソリン車での良し悪しを書いてみます。

phevよりも車両価格が安い

グレード名駆動方式燃費価格
FF13.4km/l3,041,500円
フルタイム4WD12.4km/l3,261,500円
FF13.4km/l3,300,000円
ブラックエディションFF13.4km/l3,300,000円
フルタイム4WD12.4km/l3,520,000円
ブラックエディションフルタイム4WD12.4km/l3,520,000円

エクリプスクロスガソリン車の場合は、phevモデルに比べて車両価格がかなり安いと考えます。

さらにFFモデルもラインアップしていることから、ユーザーの嗜好によってチョイスするることも可能です。

走行距離が少ない人はphevよりも総コストが下がる可能性が大

走行距離が少ないユーザーの場合は、車両価格+ガソリン代ほか維持費の面で、phevモデルよりもかなりコストダウンされる可能性があります。

自宅充電・走行距離が多い人はphevには維持費でかなわない

phevモデルの最大の特徴は、EV走行ができる点です。

さらにその後はハイブリッド走行できることから、ガソリンモデルよりも高燃費性能です。

毎日の走行後自宅充電でき、EV走行のみがほとんどの方や、年間30000㎞以上も走行する方などは、phevモデルの方が総コストで優ってしまうかもしれません。

逆に自宅充電できない人や、一度乗ると100㎞~150㎞走行する方などは、phevでもそこそこのガソリンを消費しますので、ガソリン車の方が良い気がします。

ガソリンは高燃費ではないのでエコ感は薄れる

ガソリンモデルは、インタークーラーターボ付きモデルですので、燃費性能が極端に高いとは言えません。

エコを目的にしたいというユーザーのエコ感は、非常に低くなると感じます。

エクリプスクロスphevの良し悪し

ここでは、エクリプスクロスphevの良し悪しについて考察してみます。

走行距離が多い人や毎日少距離をEV走行で乗る人には良い

ガソリン車とは違い、EV走行できるのがphevの最大の魅力です。

自宅で充電できる方で、往復60㎞ほどの走行を毎日する方などは、ほとんどガソリンを給油しなくてよいと感じます。

またとにかく年間30000㎞以上も走行するという方は、ガソリン車よりも高い車両価格を早期に吸収できるため、phevの方が良いと考えます。

自宅に充電設備がある場合はお得感がでる

自宅に給電できる仕組みがあるのに、ガソリン車を選択した場合は、少し損をした感じになるかもしれません。

それは、普段の給油回数が確実に減るphevモデルは、すごくお得に感じるからです。

これは、総コストとは少し違う考えですが、毎日の生活の中で、車に関する維持の時間を取られなくて済むのは心のゆとりが増えると思います。

車両価格が高いのはガソリンよりもかなりネックになる

グレード名駆動方式燃費価格
フルタイム4WD16.4km/l4,337,300円
フルタイム4WD16.4km/l4,650,800円
ブラックエディションフルタイム4WD16.4km/l4,650,800円

やはりphevモデルで最大のネックは、車両価格ではないでしょうか?

これは、エクリプスクロスに限ったことではないと感じます。

ガソリン車と比べて100万円以上高いというのは、総コストでガソリン車を下回るには、かなり時間がかかるといえます。

エコだけを求めるとコストで損をするケースがある

エコ意識が強い人が、ユーザー自身の使い方を考えずエコだけを捉えてphevを購入してしまうと、購入した後で、あまりにも総コストがかかりすぎていて損を感じてしまうケースがあります。

エクリプスクロスのガソリンとphevどっちがオススメ⁉

ここでは、ユーザーの使い方によるガソリン車とphev車のオススメする人を解説します。

エクリプスクロス ガソリンが向いている人

年間15000㎞未満の走行距離で、10年くらい乗ろうとしたときには、総コストでphevよりもガソリン車の方がお得になるケースが多いと感じます。

また1.5Lインタークーラーターボによる俊敏な走行が可能ですので、キビキビ走行したい方にも向いていると感じます。

エクリプスクロス phevが向いている人

毎日60㎞未満の走行距離(年間20000㎞前後)で、自宅で充電できるという方は、EV走行できるphevモデルがオススメでしょう。

また年間30000㎞以上走行する方も早期に車両価格の差を解消できると感じます。

車を簡単に高く売却する方法!!

今あなたは車の乗り換えを考えていると思いますが、車を乗り換える時に少しでも愛車を高く売ることで、グレードを落とすこともカスタムを断念する事もなくなります。

そのサービスが一括買い取り査定の楽天Carです。

他のサービスの一括査定でも10万アップなど一括査定をすることで不通にある話です。

しかし他の一括査定では、一度やった方もいるかもしれませんが、一括査定に登録をすると

  • 電話が鳴りやまない
  • 1社1社査定に行かないといけない
  • 休みの日に何社も査定に行くことに
  • 営業電話が苦手

一括査定に申し込むと申し込んで5分ぐらいで何社からも電話がかかってきて「査定させてください」と何社も査定の予約を取らないといけない。

これがかなり面倒なんですよね

楽天Carでは

  • 電話は1社のみ
  • 査定も1回のみ
  • オークション形式で5000社以上

楽天Carっでは電話は担当の1社のみで、査定も1回のみ。

買い取り業者が競い合ってくれオークション方式なので、高額で買い取ってくれます。

楽天Carの査定で下取りよりも高額で売れること間違いありません。

今すぐ無料で見積もりをしましょう。

納得いかなければキャンセルOK
\電話ラッシュなし・査定位階のみ/

/楽天ポイントももらえる\

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました