フォレスター

フォレスターXT-editionは実際の評価や口コミをまとめ⁉

sinnzidai3@gmail.com
3つの理由で一括査定をやらないのは損!!

車を売る際に高く売れることで知られている一括査定。

高く売れるのは知っているが、実際に申し込むと

  • 何社からも電話がかかってくる
  • 査定を会社ごとにしないといけないので面倒
  • 複数社とやり取りが面倒

車一括査定サイトでのデメリットは上の二つです。

電話に関しては平均で11社からの電話がかかってくるという結果も(汗)

高くは売れるが、それまでの流れが面倒でやらないという方も多いでしょう。

この2つの理由でやらないのは損をしています。

楽天のオークション形式での一括査定は

  • 電話は1回のみ
  • 査定は一回のみ
  • やり取りも1のみ

電話と審査が1回のみで終わりです。

面倒な電話は一切なしで、オークション形式なので高額で買い取りができるサービスです。

実際に一括査定をして10~40万査定額が上がったという方が殆どです。

納得いかない場合はキャンセルもできます。

今すぐ無料で査定申し込みしてみませんか?

納得いかなければキャンセルOK
\電話ラッシュなし・査定1回のみ/

/楽天ポイントももらえる\

フォレスターは、フルモデルチェンジする際に数回の特別仕様車が発売されるという印象がありました。

しかしながら現行型フォレスターは、どうやら一回の特別仕様車の設定で終了し、新型へと切り替わるような状況になっています。

そうなると、新型と現行型とどちらが良いのかと悩むユーザーも多いのではないでしょうか?

すでに現行フォレスターの販売が、在庫のみというアナウンスになっている今、XT-editionは、実際にどのような評価となっているのかなどについて解説していきます。

筆者の予想ですが、XT-editionという特別仕様車だけでモデルチェンジしてしまうと云う事は、後々プレミアがつくかもしれません(これはあくまでも筆者予想です)。

合わせて読みたい
フォレスターXT-editionの人気色は⁉納期はどれくらい⁉
フォレスターXT-editionの人気色は⁉納期はどれくらい⁉

フォレスターXT-edition(他グレードとの比較)

引用:https://www.subaru.jp/forester/xtedition/?=pctop

ここでは、ガソリンターボモデルのグレードそれぞれの特徴を比較検証してみます。

フォレスター スポーツってどんな車?

1.8L直噴ターボによる軽快な走行を楽しめるSUVとしてラインアップしています。

信号待ちからのスタートや高速道路などでも快適かつ俊敏に走行できるSUVです。

エクステリアでは、グレー基調にまとめた装飾パネルによって、引き締まった印象を作り出しています。

内装では、シートにウルトラスエード+本革を使用し、装飾パネルにもウルトラスエードを使用した上質かつスポーティな内装に仕上げています。

フォレスター STiスポーツってどんな車?

STiによってチューニングされた各部が特徴のグレードです。

スポーツをベースにして、さらにフロントフェイスや足回り、そしてサイドスカートなどをチューニングし、さらなる走りを追求したモデルです。

内装には、ブラック&ボルドーカラーをあしらい、メーター類にも専用マルチインフォメーションディスプレイが採用されています。

フォレスターXT-editionってどんな車?

引用:https://www.subaru.jp/forester/xtedition/?=pctop

フォレスターXT-editionという特別仕様車は、どのような車なのでしょうか?

エクステリアに特徴を持たせたグレード

とにかく普段と違うアクティブな走行を可能にした一台に仕上げています。SUV本来の使用方法に回帰したモデルだと考えます。

エクステリアには、ブラック基調のグリルや装飾品をあしらい、タフでラギットな雰囲気をふんだんに取り込んでいます。

エクステリアカラーに特徴を持たせている

フォレスターXT-edition最大のポイントは、特別仕様車ならではの特別カラーが用意されている点です。

タフでラギットな雰囲気を出すのに「カイザーブルー」というカラーがあります。

最大のポイントであるこのカラーをチョイスすることが、この特別仕様車のポイントといえます。

特別装備による違い

引用:https://www.subaru.jp/forester/xtedition/?=pctop

アクティブな使用方法に向いているだけでなく、ブラック基調とした特別装備が施されています。

  • ダークメタリック18インチホイール
  • ブラック塗装ルーフレール
  • 撥水ファブリック&合成皮革シート
  • 撥水カーゴフロアボード
  • 視界拡張型アイサイトセーフティ
  • カイザーブルー(特別エクステリアカラー)

アクティブに乗りこなすための装備が、特別装備としてチョイスされているのがわかりますね。

またエクステリアや内装をブラック基調に揃えることで、全体的に引き締まった印象も与えています。

フォレスターXT-editionは実際の評価や口コミはどう⁉

ここでは、フォレスターXT-editionの口コミを調査してみます。

特別仕様色のガイザーブルーの評価がすごく良い!

カイザーブルーの色合いが気に入ったという方が、非常に多いようです。

やはり特別カラーへの関心が高いといえるでしょう。

フォレスターXT-editionのポイントは、やはり特別カラーにあるといえます。

そのほかの特別装飾品は、プラスα的な要素が強いと感じます。

良い口コミ
  • 【パワフルなエンジン】フォレスターXT-editionの2.0リットルターボエンジンは非常にパワフルで、加速もスムーズ。登坂や高速道路での運転も楽々だ。
  • 【安定した走行性能】シンメトリカルAWD(全輪駆動)システムにより、どんな道路状況でも安定した走行が可能。悪天候でも安心して運転できる。
  • 【快適な内装】レザーシートや大きなタッチスクリーンディスプレイなど、内装も高級感があり快適。長時間のドライブでも疲れにくい。
  • 【安全性】アイサイトなどの最新の安全機能が搭載されており、安心して運転できる。子供を乗せる家族にとっても安心感がある。
  • 【実用性】後部座席とトランクのスペースが広く、家族での旅行やアウトドアに最適。また、フラットな床面は荷物の積み降ろしも容易だ。

悪い口コミ

一方あまり悪い口コミもあります。

悪い口コミ
  • 【燃費が悪い】パワフルなターボエンジンの代償として、燃費はあまり良くない。エコノミカルな運転を望む人には不向きかもしれない。
  • 【価格が高い】高性能なエンジンと豪華な装備は価格に反映されており、他の同クラスのSUVに比べて購入費用が高い。
  • 【エンジン音が大きい】加速時にエンジン音が大きく、静粛性にこだわる人には不向きかもしれない。
  • 【メンテナンス費用が高い】高性能なエンジンはメンテナンス費用も高くなる傾向がある。長期的なランニングコストを考えると、予算が気になる人には不向きかもしれない。
  • 【重量感がある】高いパフォーマンスを発揮する一方で、車全体の重量感は否めない。軽快な運転感覚を求める人には不向きかもしれない。

現時点で在庫販売になっているから!?

スバルホームページでは、すでに店頭在庫のみの販売と公開されています。

ということは、全国の店舗で在庫がなくなり次第納車できなくなると云う事です。

とくにカイザーブルーが欲しいと思った方は、早めに店頭に在庫確認しておかないと、買いたいときにはもう無くなっている可能性が高いでしょう。

さらに、新型ではターボモデルがラインアップしないという情報も耳にしています。

ということは、ターボモデルを購入したい方は、XT-editionに限らず早めに注文しておいた方が良いと思います。

車を簡単に高く売却する方法!!

今あなたは車の乗り換えを考えていると思いますが、車を乗り換える時に少しでも愛車を高く売ることで、グレードを落とすこともカスタムを断念する事もなくなります。

そのサービスが一括買い取り査定の楽天Carです。

他のサービスの一括査定でも10万アップなど一括査定をすることで不通にある話です。

しかし他の一括査定では、一度やった方もいるかもしれませんが、一括査定に登録をすると

  • 電話が鳴りやまない
  • 1社1社査定に行かないといけない
  • 休みの日に何社も査定に行くことに
  • 営業電話が苦手

一括査定に申し込むと申し込んで5分ぐらいで何社からも電話がかかってきて「査定させてください」と何社も査定の予約を取らないといけない。

これがかなり面倒なんですよね

楽天Carでは

  • 電話は1社のみ
  • 査定も1回のみ
  • オークション形式で5000社以上

楽天Carっでは電話は担当の1社のみで、査定も1回のみ。

買い取り業者が競い合ってくれオークション方式なので、高額で買い取ってくれます。

楽天Carの査定で下取りよりも高額で売れること間違いありません。

今すぐ無料で見積もりをしましょう。

納得いかなければキャンセルOK
\電話ラッシュなし・査定位階のみ/

/楽天ポイントももらえる\

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました