フォレスター

フォレスターハイブリッド燃費が悪い⁉ライバル車と比較してみた!!

sinnzidai3@gmail.com
3つの理由で一括査定をやらないのは損!!

車を売る際に高く売れることで知られている一括査定。

高く売れるのは知っているが、実際に申し込むと

  • 何社からも電話がかかってくる
  • 査定を会社ごとにしないといけないので面倒
  • 複数社とやり取りが面倒

車一括査定サイトでのデメリットは上の二つです。

電話に関しては平均で11社からの電話がかかってくるという結果も(汗)

高くは売れるが、それまでの流れが面倒でやらないという方も多いでしょう。

この2つの理由でやらないのは損をしています。

楽天のオークション形式での一括査定は

  • 電話は1回のみ
  • 査定は一回のみ
  • やり取りも1のみ

電話と審査が1回のみで終わりです。

面倒な電話は一切なしで、オークション形式なので高額で買い取りができるサービスです。

実際に一括査定をして10~40万査定額が上がったという方が殆どです。

納得いかない場合はキャンセルもできます。

今すぐ無料で査定申し込みしてみませんか?

納得いかなければキャンセルOK
\電話ラッシュなし・査定1回のみ/

/楽天ポイントももらえる\

現行フォレスターは、ターボグレードとハイブリッドノンターボグレードの2つのパワーユニットがあります。

現在多くのモデルで採用している2パターンのパワーユニットをフォレスターでも採用していると考えます。

ハイブリッドと言えば、燃費が良いと想像する方が多いと感じますが、フォレスターの場合は、どうやら燃費が悪いという状況のようです。

口コミなどを見てみると、フォレスターの燃費の良し悪しに関して少し見えてくる部分がありました。

また、単に燃費が悪いと云う事だけでなく、ライバル車と比較することで、実際に燃費が悪いのかということがわかると思います。

今回は、フォレスターハイブリッドの燃費が悪い!?という題材をもとに、ライバル車と比較しながら、どうして燃費が悪いのかなどについて解説してみます。

合わせて読みたい
フォレスターハイブリッド燃費が悪い⁉ライバル車と比較してみた!!
フォレスターハイブリッド燃費が悪い⁉ライバル車と比較してみた!!

フォレスターハイブリッドの燃費が悪い!?(フォレスターの燃費)

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/powerunit

まずは、フォレスターハイブリッドはどのような仕組みで、公示されている燃費性能がどの様になっているのかという点に注目してみます。

フォレスターのハイブリッドシステムとは?

フォレスターに採用されているハイブリッドシステムは、e-ボクサーエンジンをモーターで効率よくアシストするシステムです。

  • 低速発進時はモーター駆動
  • 加速中はモーターでエンジンをアシスト
  • 高速走行はエンジンのみ稼働
  • ブレーキ時は電気を回生しバッテリーへ
  • アイドリングストップ機構でさらに省燃費

比較的普通のハイブリッド車のように感じられるのですが、スバルのハイブリッドシステムは、エンジン稼働を補助するといった意味合いが強いと思います。

またフォレスターは、全グレードシンメトリカルAWDです。

FFなどの2駆モデルよりは、燃費性能的に劣ってしまうのは仕方のない事と感じます。

フォレスターハイブリッドのカタログ燃費は?

グレード名燃費
ツーリング 14km/L
X-ブレイク l14km/L
アドバンス 14km/L

フォレスターのWLTCモードカタログ燃費を見てみると、ハイブリッド全グレードで、14㎞/Lとなっていました。

確かに、「ん?燃費悪いの?」と思ってしまうかもしれません。

フォレスターハイブリッドの巷の燃費評判?

フォレスターハイブリッドの巷での燃費性能を少し調査してみました。

もともとWLTC燃費とは、市街地モード・郊外モード・高速走行モードと3つのモードを算出し、平均化しています。

もちろん市街地モードでは、燃費性能が悪い結果になるのが普通です。

フォレスターの市街地モードは、11.2㎞/Lとカタログ値には出ています。

と云う事は、実際には8㎞/L前後の燃費である可能性が高いでしょう。

ハイブリッドモデルの中では、燃費が悪いと感じてしまうかもしれませんね。

フォレスターハイブリッドの燃費が悪い!?(ライバルの燃費は?)

フォレスターハイブリッドの燃費が悪いと云う事は、少し見えてきました。

では、ライバル車と比較した場合でも燃費が悪いと感じるものなのでしょうか?

ここでは、ライバル車となるRAV4やエクストレイルを調査して、フォレスターハイブリッドと比較してみます。

トヨタ RAV4

グレード名燃費
ハイブリッドX FF21.4km/l
ハイブリッドX 4WD20.6km/l
ハイブリッドアドベンチャー 4WD20.3km/l
ハイブリッドG 4WD20.6km/l
ハイブリッドアドベンチャー OFF PGⅡ 4WD20.3km/l

トヨタと言えば、ハイブリッド車と言われるほど、ハイブリッド技術にも先進性があり、技術革新もかなり進んでいるメーカーです。

では、フォレスターハイブリッドと比較して、RAV4ハイブリッドは、カタログ値でどのくらいの燃費性能があるのでしょうか?

カタログ燃費で、4㎞/L以上の違いがあります。

RAV4ハイブリッドの巷の燃費評判は?

RAV4の場合は、FFモデルと4WDモデルとで大きな燃費性能の違いとなっていません。

これは、RAV4ハイブリッドに搭載されている4WDシステムが、モーターアシスト4WDだからです。

RAV4の場合は、ガソリン車とハイブリッド車で4WDの仕組みが変わります。

そしてスバルフォレスターハイブリッドには、もともとの特性としてシンメトリカルAWDが搭載されています。

筆者のイメージですが、フォレスターハイブリッドは、RAV4ガソリンモデルの燃費に近いというイメージです。

日産 エクストレイル

グレード名燃費
FFグレード19.7km/l
e-4ORCEグレード18.4km/l
高グレード e-4ORCE18.3km/l

エクストレイルは、どのような燃費性能でしょうか?

エクストレイルと言えば、ハイブリッドの仕組み自体がフォレスターハイブリッドと大きく違います。

それは、エンジンが発電し、走行はモーターで駆動するからです。

カタログ値だけを見てみると、18㎞/L以上走行することから、フォレスターハイブリッドよりも良いという結果に見えます。

エクストレイルの巷の燃費評判は

エクストレイルは、思っていたよりも燃費が悪いという方もいました。

ただ、根本的な燃費の良し悪しを計るベクトルが、トヨタモデルから来ていると思います。

フォレスターハイブリッドと比較したら、エクストレイルの燃費性能は悪くないという風に感じるでしょう。

まとめ

フォレスターハイブリッドの燃費が悪い!?というのは、他モデルと比較すると「悪い」という結果になりました。

ただ、根本的なシステムの違いという観点と、スバル独自のシステムの中だけで言うと、通常ガソリンモデルよりは省燃費になっています。

スバル車が好きで、年間走行距離の多い人は、フォレスターハイブリッドをチョイスするのもアリだと考えます。

車を簡単に高く売却する方法!!

今あなたは車の乗り換えを考えていると思いますが、車を乗り換える時に少しでも愛車を高く売ることで、グレードを落とすこともカスタムを断念する事もなくなります。

そのサービスが一括買い取り査定の楽天Carです。

他のサービスの一括査定でも10万アップなど一括査定をすることで不通にある話です。

しかし他の一括査定では、一度やった方もいるかもしれませんが、一括査定に登録をすると

  • 電話が鳴りやまない
  • 1社1社査定に行かないといけない
  • 休みの日に何社も査定に行くことに
  • 営業電話が苦手

一括査定に申し込むと申し込んで5分ぐらいで何社からも電話がかかってきて「査定させてください」と何社も査定の予約を取らないといけない。

これがかなり面倒なんですよね

楽天Carでは

  • 電話は1社のみ
  • 査定も1回のみ
  • オークション形式で5000社以上

楽天Carっでは電話は担当の1社のみで、査定も1回のみ。

買い取り業者が競い合ってくれオークション方式なので、高額で買い取ってくれます。

楽天Carの査定で下取りよりも高額で売れること間違いありません。

今すぐ無料で見積もりをしましょう。

納得いかなければキャンセルOK
\電話ラッシュなし・査定位階のみ/

/楽天ポイントももらえる\

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました