ヴェゼル

ヴェゼルのe:HEVのXとZとPlayの違いは何⁉比較してみた!!

sinnzidai3@gmail.com
3つの理由で一括査定をやらないのは損!!

車を売る際に高く売れることで知られている一括査定。

高く売れるのは知っているが、実際に申し込むと

  • 何社からも電話がかかってくる
  • 査定を会社ごとにしないといけないので面倒
  • 複数社とやり取りが面倒

車一括査定サイトでのデメリットは上の二つです。

電話に関しては平均で11社からの電話がかかってくるという結果も(汗)

高くは売れるが、それまでの流れが面倒でやらないという方も多いでしょう。

この2つの理由でやらないのは損をしています。

楽天のオークション形式での一括査定は

  • 電話は1回のみ
  • 査定は一回のみ
  • やり取りも1のみ

電話と審査が1回のみで終わりです。

面倒な電話は一切なしで、オークション形式なので高額で買い取りができるサービスです。

実際に一括査定をして10~40万査定額が上がったという方が殆どです。

納得いかない場合はキャンセルもできます。

今すぐ無料で査定申し込みしてみませんか?

納得いかなければキャンセルOK
\電話ラッシュなし・査定1回のみ/

/楽天ポイントももらえる\

ヴェゼルのe:HEVモデルには、大きく分けて3グレードが存在します。

ハイブリッドが主流になる中、ガソリンモデルよりもラインアップ数が多いことは必然だといえますね。

他メーカーでは、ハイブリッドグレードのラインアップがもっと多い車種もあります。

人気のあるヴェゼルe:HEVが、3グレードというのが少ない状況ではないかとも言えます。

では、このヴェゼルe:HEVのエントリーモデルであるXと中間グレードであるZ、上級モデルであるPlayには、どのような違いがあるのでしょうか?

今回は、この3つのグレードを装備内容や車両価格の違いなどを紐解いていきながら、買うならどのグレードがオススメなのかなどについて解説してみます。

ヴェゼルのe:HEVのXとZとPlayの違いは何⁉装備の違い

ヴェゼルのe:HEVのXとZとPlayの装備には、どのような違いがあるのでしょうか?

ヴェゼルのe:HEVのXの装備は?

まずは、エントリーグレードのe:HEV Xの主要装備について解説します。

  • ホンダセンシングは標準装備 ブラインドスポットと後退出庫サーポートなし
  • マニュアル式フルLEDヘッドライト
  • 車内スピーカーは4個
  • 運転席&助手席シートヒーターは、4WDのみ
  • フルオート・エアコンディショナー
  • LEDフロントターンランプ
  • 運転席ドアパワーウインドウスイッチ照明
  • 16インチアルミホイール(ブラック+切削)+スチールラジアルタイヤ

エントリーグレードだとしても、かなりの標準装備が施されています。

ヴェゼルのe:HEVのZの装備は?

ヴェゼルe:HEVのZの装備は、Xの装備に加えて下記のアイテムがアップデートされています。

  • ホンダセンシングは標準装備 ブラインドスポットと後退出庫サーポートOP
  • オート式フルLEDヘッドライト
  • LEDアクティブコーナリングライト
  • 車内スピーカーは6個
  • 運転席&助手席シートヒーター標準
  • ステアリングヒーター
  • 左右独立フルオート・エアコンディショナー
  • ハンズフリーアクセスパワーテールゲート
  • 後席充電用USBジャック
  • コンビシート
  • シルバー加飾インテリア
  • 本革巻ステアリングホイール
  • 本革巻セレクトレバー
  • ピアノブラック調パワーウインドウスイッチパネル
  • 全ドアパワーウインドウスイッチ照明
  • LEDシーケンシャルターンシグナルランプ
  • e:HEV Z専用エクステリア
  • 18インチアルミホイール(ブラック+切削)+スチールラジアルタイヤ
  • VGR(可変ステアリングギアレシオ)

内装や外装品の装飾が追加で施されているのが特徴です。

ヴェゼルのe:HEVのPlayの装備は?

ヴェゼルe:HEVのPlayの装備内容は、Zにアップデートして下記のようになっています。

  • ホンダセンシング+ブラインドスポットと後退出庫サーポート
  • マニュアル式フルLEDヘッドライト〈デイタイムランニングランプ付〉
  • 車内スピーカーは8個
  • フルオート・エアコンディショナー
  • パノラマルーフ
  • ワイヤレス充電器
  • 高触感バーミリオン塗装センターコンソールパネル
  • e:HEV PLaY専用エクステリア
  • 2トーンエクステリアカラー

じつは、Xグレードよりも一部ダウン装備となっているものもあります。

Playの場合は、パノラマルーフと2トーンカラーが最大のポイントだと感じます。また4WDモデルがないことに注意しましょう。

ヴェゼルのe:HEVのXとZとPlayの違いは何⁉車両価格の違い

ヴェゼルの各グレードでは、どのくらいの車両価格の違いがあるのでしょうか?

ヴェゼルのe:HEVのXとZとPlayの車両価格は?

グレード名駆動方式価格
e:HEV XFF2,778,600円
e:HEV Xフルタイム4WD2,998,600円
e:HEV ZFF3,001,900円
e:HEV Zフルタイム4WD3,221,900円
e:HEV PlayFF3,418,800円

エントリーグレードと最上級グレードのPlayとでは、630,200円の価格差があります。

この金額差と装備差を踏まえると、どちらが良いのか悩むところですね。

ヴェゼルのe:HEVのXとZとPlayの違いは何⁉オススメグレード

筆者がオススメするグレードは、e:HEVのZグレードです。Xよりも装備がかなり充実している点です。

Playは上級グレードで良いのですが、一部Xよりもダウングレードされた装備もあります。

どうしても2トーンが乗りたいという方は、Playしか選択肢がないのかもしれませんが、パノラマルーフの評判は、実はあまり良くないです。

夏は暑くなりやすいとか、結局あまり使用することがないといった声が多いです。

ヴェゼルe:HEVの場合は、中間グレードであるZがオススメだと思います。

ヴェゼルのe:HEVのXとZとPlayの違いは何⁉をまとめると

ヴェゼルの場合は、エントリーグレードのFFモデルと4WDモデルをベースに作られています。

そのためFFしかない最上級グレードPlayは、Xをベースにした装備もあります。

一方Xは、4WDモデルからの装備内容に近いと感じます。また、どうしても2トーンでなければならないわけでないなら、車両価格もPlayより40万ほど安いです(FF)。

筆者は、総合的な観点からe:HEVのZを強くオススメします。

車を簡単に高く売却する方法!!

今あなたは車の乗り換えを考えていると思いますが、車を乗り換える時に少しでも愛車を高く売ることで、グレードを落とすこともカスタムを断念する事もなくなります。

そのサービスが一括買い取り査定の楽天Carです。

他のサービスの一括査定でも10万アップなど一括査定をすることで不通にある話です。

しかし他の一括査定では、一度やった方もいるかもしれませんが、一括査定に登録をすると

  • 電話が鳴りやまない
  • 1社1社査定に行かないといけない
  • 休みの日に何社も査定に行くことに
  • 営業電話が苦手

一括査定に申し込むと申し込んで5分ぐらいで何社からも電話がかかってきて「査定させてください」と何社も査定の予約を取らないといけない。

これがかなり面倒なんですよね

楽天Carでは

  • 電話は1社のみ
  • 査定も1回のみ
  • オークション形式で5000社以上

楽天Carっでは電話は担当の1社のみで、査定も1回のみ。

買い取り業者が競い合ってくれオークション方式なので、高額で買い取ってくれます。

楽天Carの査定で下取りよりも高額で売れること間違いありません。

今すぐ無料で見積もりをしましょう。

納得いかなければキャンセルOK
\電話ラッシュなし・査定位階のみ/

/楽天ポイントももらえる\

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました