ハリアー

ハリアー ガソリンVSハイブリッドどっちがオススメ⁉徹底比較!!

sinnzidai3@gmail.com

ハリアーには、ガソリンモデルとハイブリッドモデルがあります。

またPHVモデルもラインアップされました。

ハリアーガソリンモデル、ハリアーハイブリッドモデルそれぞれに特徴があると考えます。

それでは、ハリアーのガソリンモデルとハリアーハイブリッドモデルでは、どっちがオススメなのでしょうか?

ガソリンモデルとハイブリッドモデルの両車のメリット・デメリットなどを調査しながら、特に燃費や違い、特徴などを徹底比較してみます。

さらに、両車のどちらがどういう方にオススメなのかを筆者なりにお話していきます。

なお、ハリアーガソリンとハリアーハイブリッドでは、燃費差はもちろん、特徴や違い、メリットとデメリットがかなりあると思います。

単純に片方が、オススメとはならない可能性があるかもしれませんことをご了承ください。

ハリアー ガソリンVSハイブリッドどっちがオススメ⁉(車両価格比較)

引用元:https://toyota.jp/harrier/gallery/?padid=from_harrier_feature_navi-menu_gallery

まずは、ハリアーのガソリンモデルとハイブリッドモデルの車両価格を比較してみます。

こちらは、パワーユニットの違いが、車両価格差としての特徴ともなっています。

ハリアーガソリンの車両価格

グレード名駆動方式車両価格
SFF3,128,000円
Sフルタイム4WD3,328,000円
GFF3,529,000円
Gフルタイム4WD3,729,000円
ZFF4,038,000円
Zフルタイム4WD4,238,000円
Z レザーPKGFF4,338,000円
Z レザーPKGフルタイム4WD4,538,000円

ハリアーガソリンモデルは、エントリーグレードで3,128,000円とリーズナブルな価格設定からスタートしています。高グレード4WDで4,538,000円です。

ハリアーハイブリッドの車両価格

グレード名駆動車両価格
SFF3,718,000円
Sフルタイム4WD3,938,000円
GFF4,119,000円
Gフルタイム4WD4,339,000円
ZFF4,628,000円
Zフルタイム4WD4,848,000円
Z レザーPKGFF4,928,000円
Z レザーPKGフルタイム4WD5,148,000円

ハイブリッドモデルの場合は、おおよそガソリンモデルよりも60万円近く車両価格が上がっていると考えます。

やはりハイブリッドモデルの方が、かなり車両価格が高いというのが、ガソリンモデルとの大きな違いであり特徴となっているでしょう。

ハイブリッドシステム搭載の関係で、車両価格が上がるのは仕方のないことですが、トヨタとしてこの価格差を埋めていく必要があるのかもしれませんね。

ハリアー ガソリンVSハイブリッドどっちがオススメ⁉(燃費比較)

引用元:https://toyota.jp/harrier/gallery/?padid=from_harrier_feature_navi-menu_gallery

それでは、ハリアーガソリンモデルとハイブリッドモデルで、どのくらい燃費の差があるのでしょうか?

ハリアーガソリンの燃費は?

グレード名駆動方式WLTC燃費性能
SFF15.4km/l
Sフルタイム4WD14.7km/l
GFF15.4km/l
Gフルタイム4WD14.7km/l
ZFF15.4km/l
Zフルタイム4WD14.7km/l
Z レザーPKGFF15.4km/l
Z レザーPKGフルタイム4WD14.7km/l

ハリアーガソリンモデルの公表燃費は、WLTCモードで14.7㎞/ⅼから15.4㎞/ⅼとなっています。

FFと4WDで0.7㎞/ⅼの差というのは、E-fourシステムのおかげだといえるでしょう。

仮に仮に年間10000㎞をハリアーガソリンFFモデルで走行した場合は?

10000㎞÷15.4㎞/ⅼ≒649ⅼ×170円(ガソリン代)≒110,000円

ガソリン代がかかることになります。

ハリアーハイブリッドの燃費は?

グレード名駆動方式WLTC燃費性能
SFF22.3km/l
Sフルタイム4WD21.6km/l
GFF22.3km/l
Gフルタイム4WD21.6km/l
ZFF22.3km/l
Zフルタイム4WD21.6km/l
Z レザーPKGFF22.3km/l
Z レザーPKGフルタイム4WD21.6km/l

一方ハイブリッドモデルの場合は、WLTCモード21.6㎞/l~22.3㎞/ⅼとなっています。

ガソリンモデルとの燃費差は、6.9㎞/ⅼとなっています。

仮に年間10000㎞をハリアーハイブリッドFFモデルで走行した場合は?

10000㎞÷22.3㎞/ⅼ≒448ⅼ×170円(ガソリン代)≒76,000円

110,000円ー76,000円=34,000円

年間20000㎞だと68,000円、年間30000㎞で102,000円の燃料価格差になります。

ハリアーガソリンとハリアーハイブリッドでは、燃費差はかなりあります。

とくに走行距離が多いユーザーは、ハイブリッドハリアーの方が燃料給油回数も減らせる特徴があると感じます。

ハリアー ガソリンVSハイブリッドどっちがオススメ⁉

ハリアーガソリンとハイブリッドのどちらがオススメでしょうか?

特徴や燃費差、そしてそこから考えられるメリット・デメリットなどからオススメするケースを解説します。

ハリアーガソリンがオススメの方は?

とにかく車両価格が安い方が良いという方や、年間走行距離が少なめの方は、ガソリンモデルがオススメだと考えます。

折角60万円ほど高いハイブリッドモデルを購入しても、車両価格とランニングコストで、ガソリンモデルの総額を超えるのに、年間走行距離数によっては10年以上かかります。

ハリアーガソリンの場合は、燃費性能ははハリアーハイブリッドよりも良くないが、走行距離が少ない人やなるべく安く車に乗りたい人にオススメできる特徴があると思います。

ハリアーハイブリッドがオススメの方は?

ハリアーハイブリッドがオススメの方は、年間走行距離が30000㎞ほど走行する人や、エコ意識が高い人などだと考えます。

年間走行距離が多い人は、普段のランニングコストもかなり気になると考えます。

年間3万キロ走るという場合は、5年で15万キロ、7年で20万キロ超ほどです。

ガソリンモデルを購入してしまうと、思いのほか給油回数が多くなってしまい、面倒な部分が出てくるのと、車両価格がハイブリッドの方が高くても、早期に総コストでガソリン車を下回る特徴があります。

ハリアーハイブリッドモデルは、やはり燃費が良いのが特徴であり、ガソリン車との違いであるといえるでしょう。

車を簡単に高く売却する方法!!

今あなたは車の乗り換えを考えていると思いますが、車を乗り換える時に少しでも愛車を高く売ることで、グレードを落とすこともカスタムを断念する事もなくなります。

そのサービスが一括買い取り査定の楽天Carです。

他のサービスの一括査定でも10万アップなど一括査定をすることで不通にある話です。

しかし他の一括査定では、一度やった方もいるかもしれませんが、一括査定に登録をすると

  • 電話が鳴りやまない
  • 1社1社査定に行かないといけない
  • 休みの日に何社も査定に行くことに
  • 営業電話が苦手

一括査定に申し込むと申し込んで5分ぐらいで何社からも電話がかかってきて「査定させてください」と何社も査定の予約を取らないといけない。

これがかなり面倒なんですよね

楽天Carでは

  • 電話は1社のみ
  • 査定も1回のみ
  • オークション形式で5000社以上

楽天Carっでは電話は担当の1社のみで、査定も1回のみ。

買い取り業者が競い合ってくれオークション方式なので、高額で買い取ってくれます。

楽天Carの査定で下取りよりも高額で売れること間違いありません。

今すぐ無料で見積もりをしましょう。

納得いかなければキャンセルOK
\電話ラッシュなし・査定位階のみ/

/楽天ポイントももらえる\

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUT ME
スポンサーリンク
記事URLをコピーしました